近畿ブロック浄青研鑽会 於 新知恩院

9月14日、滋賀県大津市下在地町の新知恩院にて近畿ブロック浄青研鑽会が開催されました。近畿各教区より約70名の会員が参加をし、奈良浄青からは12名が参加しました。

新知恩院は、1467年応仁の乱のときに総本山知恩院が疎開するにあたり建立されたお寺です。当時の住持であった知恩院第二十二世周誉珠琳上人は、その難をさけるべく仏像や宝物を上在地の金蓮寺に安置しました。翌年に知恩院が焼失したので、下在地の現在の場所に堂宇を建立し、宝物などを安置しました。これが新知恩院の始まりとされています。

2015 9 14 近ブロ研鑽会

2015 9 14 近ブロ研鑽会 (2)

とてものどかなところにある新知恩院。当日は天気も良く、落ち着いた雰囲気の中で研鑽会が始まりました。
新知恩院のご本尊様は阿弥陀様ではなく、「鏡の御影」と言われる、法然上人のお像です。
そのお像を前にお勤めをさせていただき、その後、近畿ブロック浄青理事長の谷口上人より新知恩院が所蔵する『末代念仏授手印』やお寺の歴史などのご講話をいただきました。
谷口理事長、このような機会は初めてとのことで、緊張されたご様子でした。お疲れ様でした!

2015 9 14 近ブロ研鑽会 (3)

2015 9 14 近ブロ研鑽会 (4)

2015 9 14 近ブロ研鑽会 (5)

お勤めや谷口理事長のご講話を聞くなかで、苦難を何とか乗り越えようという先徳の「思い」を感じることができたのではないかと思いました。