嘉禄の法難念仏行脚

1月24日、法然上人祥当御忌日を前に嘉禄の法難念仏行脚が行われました。この法要は法然上人追慕の思いをあらたに毎年、西山浄土宗・時宗・浄土宗の合同で行われます。奈良浄青からは8名の会員が参加しました。

終着地点は西山浄土宗の総本山である粟生光明寺です。法然上人のご遺体が荼毘に付されたご遺跡です。参加者は光明寺に集合します。

20170124 (1)
集合場所 粟生光明寺

ご用意いただいたバスに乗って出発地点へ移動します。法然上人が一時改葬されていた太秦西光寺から行脚が始まります。弾圧からお護りするためお弟子方が祖師と共に歩まれた道を踏みしめます。

cof
出発地点 太秦西光寺

cof
参加者

出発時には少し明るかった空もあっという間に暗闇に包まれました。嵐山渡月橋を通り南へと行脚を続けます。降雪が心配されましたが、仏天のご加護か強く降ることはありませんでした。

mde
井戸来迎寺

mde
寺戸来迎寺

道中、井戸来迎寺さま・寺戸来迎寺さまで法要・休憩をいたしました。休憩地点では暖かいおにぎりやぜんざいの接待を受け、心身ともに励まされました。沿道には寒い中、合掌にてお見守りくださるお方の姿も多く、法然上人のご遺徳が800年以上たった今も生き続けていることを実感いたしました。200名を超える参加者と共に、御逮夜をお念仏の中に過ごさせていただけたことに感謝の思いでいっぱいです。来年はさらに多くのご参加があることを念願しております。