嘉禄の法難念佛行脚

 平成27年に入って最初の更新となりました。奈良浄青は本年も気持ちあらたに精進してまいります。変わらぬご協力のほどよろしくお願いいたします。

 1月24日、毎年恒例の嘉禄の法難念佛行脚が京都を舞台に行われました。この行事はお念佛の元祖である法然上人を追慕し、その祥当御忌日(法然上人が御往生された日)を翌日控えた1月24日に、西山浄土宗三派・時宗・浄土宗が合同で行います。法然上人没後に起きた嘉禄の法難の際、法然上人の御遺体を守るために闇夜に紛れて運ばれたことにちなんで、太秦の西光寺から粟生の光明寺までのおよそ16㎞を念佛行脚します。
20150124 (5)

20150124 (3)

20150124 (4)

20150124 (1)

 厳しい法難を受けられた法然上人の御苦労を思いを馳せるとともに、今日にお念佛が伝わる悦びをかみしめる夜となりました。僧俗含めて230名以上が参加し、奈良浄青からも7名が参加いたしました。