嘉禄の法難念仏行脚

1月24日、法然上人御祥当忌日(1月25日)を前に京都で嘉禄の法難念仏行脚が行われました。 嘉禄の法難とは、上人没後15年後の嘉禄3年(1227)におこった専修念仏弾圧の一連の動きの事を言います。 比叡山の僧たちが専修念

Read more

嘉禄の法難念仏行脚

1月24日、毎年恒例の嘉禄の法難念仏行脚が京都にて行われました。 嘉禄の法難とは、法然上人ご往生の後に念仏教団に対する弾圧が強まり、上人のご遺体が辱めを受けるのではないかという危惧が生まれます。その中、お弟子方が闇夜に紛

Read more