近畿地区児童教化連盟研修会 於 橿原観光ホテル

10月27日、橿原観光ホテルにて浄土宗近畿地区児童教化連盟の第16回研修会が開催されました。浄青会員も多数出席しましたので、ご報告致します。

奈良教区児教連の「子どもカルチャー」所属の子どもを中心として、50名以上の子どもが集まり、大変な盛り上がりとなりました。まず「九品寺雅楽こども教室」による雅楽の演奏に驚かされました。その荘厳な音色の響く中、子どもの大きな声によるおつとめが、何とも嬉しくも有り難く感じました。

研修には、佛教大学教育学部教授の高橋 司先生をお迎えしました。研修の前半では、「チャレンジランキング」という様々なゲームを通して、子どもも大人も一緒に夢中になって楽しみました。高橋先生の軽妙なトークに乗せられ、子どもは本当に無我夢中に引き込まれていました。高橋先生の絶妙な押し引きのテクニックは、さすがと感心させられました。

研修の後半では、高橋先生から講義として「いま、こどもがあぶない」というお話を拝聴しました。現代社会のこどもを取りまく状況について、高橋先生の豊富な経験からアドバイスを頂戴しました。

大変有意義な研修会となりました。