奈良教区浄土宗青年会50周年記念事業

2月26日(水)奈良教区浄土宗青年会50周年記念事業として記念式典を開催しました。
まずは、第一組浄國院にて奈良浄青会員先亡上人のお位牌の開眼法要をお勤めしました。
このお位牌は実行委員の手によって木材の選定・調達から始め、入念な打ち合わせを経て1年かけて作成されました。
同時に、過去帳の作成にも取り掛かっており、この度の法要にて先亡諸上人のご回向をさせていただきました。
これまでの奈良浄青を支えていただいた諸先輩方へと思いを馳せ、これからの奈良浄青をお浄土より見守っていただけるよう願いつつ、開眼法要を無事に勤めさせていただきました。

その後は場所を天平倶楽部へと移し、祝賀会が開催されました。
ご来賓として、近畿ブロック各県浄青会長並びに、奈良浄青先輩会員であるお上人方多数のご出席を賜りました。
普段の活動ではお目にかかることのない諸先輩方とお会いでき、貴重なお話を伺うことができとても有意義な時間となりました。
途中、実行委員で作成したスライドショーの上映があり、昔の懐かしい写真に諸先輩方も盛り上がっていただけたようでした。
終盤はこれまで浄青会長を勤めていただいた諸先輩方より、当時の懐かしいお話やどのような思いで活動を行っておられたのか一人ひとりからご教授いただき、私たち現役会員にとってはとても興味深いお話ばかりで、あっという間に時間が過ぎてゆきました。
50年という節目に立ち会うことができたことは、大変ありがたいことでした。同時に、50年間を支えていただいた先輩方の歴史というものを目の当たりにし、自らの未熟さや力不足を実感した日でもありました。
この浄青が60年70年、やがては100年と続いていくためにも、会員同士が力を合わせて歴史を紡いでいかなくてはならないという決意を新たにしました。
今回の50周年記念事業を機に、会員一同今後の活動により精進してまいります。

合掌