冬の会員親睦会 餅つき&忘年会

12月20日、50周年記念事業「五種正行」のうち「讃嘆供養正行」と親睦交流会を兼ねて餅つきと忘年会を行いました。師走の寒空の下、集まった会員家族と共に心を込めてお餅をつきました。
餅つきには大人12名、子ども9名が参加し、忘年会には浄青会員13名が参加しました。

「讃嘆」とは阿弥陀さまを讃えること。「供養」とはお供え物をすることです。
日頃からお水やお茶・お仏飯・お花・お香などをお供えしますが、体を動かし汗をかいて一つのお供物を仕上げることで、その有難さを改めて確認できました。
最近では杵と臼を使って餅つきをする機会も減り、子供たちは目を輝かせながら、米が餅になっていく様に見入っていました。

餅が出来上がると阿弥陀さまにお供えし、一座の勤行を行いました。私たちの命を繋いでくれる食べ物―魚も肉も米も野菜も全ては命あったものからできています。
命なしには私たちは食べ物を作り出すことはできません。頂いて、助けられて、生かされているのが私たちです。
お寺を預かる立場として、私たちは阿弥陀さまからお下がりをいただいて生活しています。
頂いて、助けられて、生かされている―その感謝を胸に、ひと時声高らかにお念仏をお称えすることができました。

お下がりの餅はとても美味しく、会員家族同士の親睦も深めることができました。夕方からは場所を移して忘年会を行い、今年最後の青年会活動をしめくくりました。

令和2年2月26日には奈良市内にて50周年記念祝賀会を行います。多くのお方のご参加をお待ちいたしております。