第一回念仏会 於 実相寺

11月6日、郡山の実相寺さまにおいて今年度第一回の念仏会を実施し、13名の浄青会員が参加しました。
実相寺は慶長年間(1596年~1615年)に正誉上人を開基として建立されました。
御本尊の阿弥陀如来像は鎌倉時代初期の作とされており、本堂内陣正面の扁額と十三重石塔は市指定文化財となっています。
このような由緒のあるお寺で念仏会を勤めることができ、大変ありがたい機会をいただきました。