嘉禄の法難念仏行脚

1月24日、法然上人御祥当忌日(1月25日)を前に京都で嘉禄の法難念仏行脚が行われました。
嘉禄の法難とは、法然上人没後15年を経た嘉禄3年(1227)に起こった専修念仏弾圧の動きのことです。
比叡山の僧たちが専修念仏を広めた法然上人の遺骸を掘り起こして鴨川に流そうとしたところ、上人の弟子たちは遺骸を他の場所に移しながら守りました。
当時の事を忘れてはならないとして、また上人のご遺徳をしのび、念仏行脚という形で再現しています。

奈良浄青からは11名が参加し、当日は浄土宗僧侶のみならず、時宗や西山浄土宗などの僧侶・檀信徒も参加し、100名以上が念仏行脚に励みました。
太秦の西光寺から粟生の光明寺まで、約15キロの道のりでした。
道中は井戸の来迎寺さま、寺戸の来迎寺さまにてお勤めを行い、休憩させていただきました。
その際には檀信徒の皆様よりおにぎりやぜんざいなど沢山の差し入れを頂きました。ありがとうございました。

当時のお弟子さま方の足跡を辿りながら、現在までお念仏の教えが受け継がれている歴史の重みを感じ、今後もお念仏を相続していく決意を新たにした一日となりました。