三千礼拝行仏名会 於 吉田寺

12月1日~3日の3日間、斑鳩の吉田寺さまにおいて、三千礼拝行仏名会が行われました。
毎年恒例の行事となっております三千礼拝行仏名会とは、三千回のお礼拝をもって私たちがこれまで作り続けてきた罪を懺悔する法要です。
今年も終わりに近づくなか、この1年で作ってきた罪を懺悔して、心機清浄にて新年を迎える思いでお礼拝をいたしました。

法然上人のお言葉のなかに、このようなものがあります。

善導の三縁のうちの、親縁を釈し給うに、
衆生、佛を礼すれば、佛、これを見たまう。
衆生、佛を唱うれば、佛、これを聞きたまう。
衆生、佛を念ずれば、佛も、衆生を念じたまう。

「私たちがお念仏を唱え、お礼拝をしている姿を、阿弥陀さまはきちんと見守ってくださっているのだ」ということです。
これを親縁と呼び、お礼拝に限らず日常のお念仏においても、阿弥陀さまはきちんと聞いてくださっています。
皆さまもお念仏をお唱えする際には、親しみを込めて「南無阿弥陀仏」とお唱えいたしましょう。

今年の三千礼拝行念仏会には、奈良浄青会員やOBの諸先輩方だけではなく他教区からも多くのご参加をいただきました。
1日目 奈良教区より14名 他教区より5名  計19名
2日目 奈良教区より11名 他教区より10名  計21名
3日目 奈良教区より19名 他教区より1名  計20名
3日間の合計で奈良教区より44名、他教区より16名となり、のべ60名でした。
ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

▼1日目

▼2日目

▼3日目