近ブロ浄青40周年記念事業 第2回特別研修会

1月27日、浄土宗教化研修会館(源光院)にて近ブロ浄青第2回特別研修会が行われました。回向師としてご活躍の大島仁志先生を講師にお迎えし、「回向の心得と実践」と題してご講義を頂戴しました。近畿六教区から60名を超える浄青会員が集い、奈良浄青からも12名が参加しました。


冒頭に神田理事長からは、第1回特別研修会のテーマになった光明摂取和讃と同じく、年中行事や法事で節つき回向を用いて教化に役立てて欲しいとご挨拶がありました。


講義資料
大島先生からは若かりし日に初めて聞いた五重相伝での回向に感動したこと、回向は伝承の世界であり師匠について口伝えで様々な勉強をしたこと、回向は決して声じまんであってはならず、阿弥陀さまに頼る思いを忘れてはならないこと。ご自身の経験を交えながらお話いただきました。


その後、実際に各年中行事での節つき回向の実演をしていただきました。節つき回向をさせていただくことができれば、檀信徒さまの心により響くお勤めができることを実感しました。簡単ではありませんが、一つの向かう先を示していただきました。2月22日の40周年記念行事には、近畿六教区を代表する回向師の先生方の節つき回向を収録したCDがいただけるとのことで、ますます楽しみになりました。

回向の節は地域によっても違いがあり、例えば一唱一礼の節も京都や奈良には特徴があるとのことでした。研修会後の懇親会の席でもその話に花が咲き、大いに盛り上がりました。