嘉禄の法難念仏行脚

1月24日、法然上人御祥当忌日(1月25日)を前に京都で嘉禄の法難念仏行脚が行われました。
嘉禄の法難とは、上人没後15年後の嘉禄3年(1227)におこった専修念仏弾圧の一連の動きの事を言います。
比叡山の僧たちが専修念仏をひろめた上人の遺骸を掘り起こして鴨川に流そうとしたのを、上人の弟子たちが遺骸を他の場所に移しながら守りました。当時の事を忘れてはならないとして、また上人のご遺徳をしのび、念仏行脚という形で再現しています。奈良浄青からは9名が参加しました。

非常に寒い日になり、例年よりは参加者が減ったようでしたが、浄土宗・時宗、西山浄土宗などの僧侶・檀信徒など100名以上が集まりました。
粟生の光明寺へ集合し、バスで太秦の西光寺へ移動してからの出発です。

▼集合場所 粟生光明寺
平成30年 嘉禄の法難

平成30年 嘉禄の法難 (2)

▼出発 太秦西光寺
平成30年 嘉禄の法難 (3)

出発の5時ごろにはだんだん薄暗くなり、風で網代笠が飛ばされそうになる中で、歩き始めました。

平成30年 嘉禄の法難 (4)

▼井戸来迎寺
平成30年 嘉禄の法難 (5)

平成30年 嘉禄の法難 (6)

▼寺戸来迎寺
平成30年 嘉禄の法難 (7)

平成30年 嘉禄の法難 (8)

途中、井戸の来迎寺、寺戸の来迎寺でお勤め、休憩をとらせていただきました。温かいお茶やおにぎりなど大変ありがたく頂戴しました。
参加の檀信徒の中にはお袈裟を掛けて、数珠を持ち、僧侶に合わせてお念仏を称えておられる方や、沿道には私たちが通り過ぎるまで合掌して下さる方もおられました。上人の弟子たちが暗闇に紛れながら、遺骸を運んだ当時の様子に思いを寄せる事ができたのではないかと思います。