三千礼拝行仏名会 2日目

昨日に引き続き2日目の三千礼拝行仏名会です。

毎年この会の会所とさせていただいておりますのは、あの「ぽっくり寺」で有名な斑鳩の吉田寺です。
お寺の歴史は古く、平安時代末期の永延元年(987年)に恵心僧都源信により開基されたと伝えられています。
境内に足を踏み入れますと、重要文化財に指定されている多宝塔が目を引きます。寛正四年(1463年)に創建され、内部には秘仏の大日如来像が安置されています。

そして本堂に入ると正面には奈良県下最大の阿弥陀如来座像である御本尊が安置されています。
この御本尊は起立されたときの御身丈が一丈六尺(およそ4m80cm)ほどであることから丈六阿弥陀如来とも呼ばれ、こちらもまた重要文化財に指定されています。

このように由緒のあるお寺、立派な阿弥陀様の御前で礼拝ができるご縁をいただき、たいへん喜ばしく思います。
皆さまも是非お参りになってみてはいかがでしょうか。

20171202_三千礼拝仏名会

本日は1100遍の礼拝を行い、1日目と合計すると2200遍となりました。
明日の三千礼拝行仏名会最終日もよろしくお願いいたします。
【参加人数 会員9名 その他5名 計14名】

20171202_三千礼拝仏名会