三千礼拝行仏名会 1日目

奈良浄青では毎年12月1日より3日間の仏名会を行っております。
仏名会は懺悔の法要です。自分の有り様を深く振り返り、犯してしまった罪業を懺悔します。私たちは生まれながらに煩悩を持ち、それは取り除くことは非常に困難です。現に懺悔の礼拝をしている途中にも、良からぬことが心に生じ消えてはまた生じる―その繰り返しです。しかし、仏の名を唱えることで、阿弥陀さまは煩悩をもつこの姿のままの私たちを受け止めてくださいます。
新たな一年を「煩悩がなければ生きていけないではないか!」と開き直るのではなく、「煩悩ありながらも生かされている。」そんな心で迎えるための法要が仏名会です。

20171201 (2)

20171201 (1)

3日間に亘って3000遍の礼拝をもって懺悔いたします。第二組吉田寺にて、初日は1100遍の礼拝をさせていただきました。滋賀浄青・大阪浄青からもご参加があり、さらには奈良浄青の諸先輩方にもご来臨・ご随喜を賜りました。あと2日間よろしくお願いします。
【参加人数 会員16名 他教区浄青6名 その他8名 計30名】