全国浄青 第13回全国大会 於 名古屋

8月29日、名古屋マリオットアソシアホテルにて第13回全国浄土宗青年会全国大会が行われました。全国から約460名の会員が参加し、研修会を行いました。奈良教区からは10名が参加しました。

H29 全国大会 (3)

H29 全国大会
▲講義➀
花園大学教授・佐々木閑氏による講義では、「現代社会の中の仏教 ~現代における僧侶のあり方~」を題に講義を頂きました。仏教の基本、そして沙門として私達一人一人が努力していくことの大切さ、心のあり方などわかりやすく伝えていただきました。

H29 全国大会 (2)
▲講義➁
京都文教大学学長・平岡聡氏による講義では、「安心とは? ~釈尊と法然上人に学ぶ~」を題にお釈迦様と法然上人の涅槃と往生についてご講義頂きました。数ある仏教のみ教えから御念仏を選ばれ、その御念仏に普遍性を求められたことの重要性。青年僧に向けて浄土宗の僧侶である意義を示して下さいました。

H29 全国大会 (4)
▲講義➂
hasunoha代表・堀下剛司氏、浄土宗光琳寺副住職・hasunoha共同代表の井上広法氏のお二人による講義では、hasunoha(お坊さんに相談できるサイト)の立ち上げから、現在相談に寄せられる悩み、そして僧侶による解答を交え、現代においてどのような僧侶が求められているのか、寺院や僧侶と相談者の架け橋として運営にあたる側の視点でご講義いただきました。

それぞれの講義で青年僧に対してどのようにあるべきか、そして今の社会からどのような僧侶像が求められているのかを一貫してご講義いただきました。僧侶として極楽浄土への方向を檀信徒に示すことができているのか、往生を信じて下さっている檀信徒の方々だけでなく、広く一般の方にどのように御念仏のみ教えが語ることができるのか。自分がまず御念仏を信じ称え、そして檀信徒だけでなく広く一般に対して持ち得る力を生かし、微力ながらでも良いので法然上人の御念仏のみ教えを広めていくことを改めて大切にしたいと感じました。

次の日は、会員4名で大須観音で有名な真言宗真福寺宝生院、明治時代にタイ王国より送られたお釈迦様の御遺骨が安置される日泰寺、そして岡崎市にある徳川氏の菩提寺で浄土宗大樹寺に参拝させていただきました。

H29 全国大会 (5)