災害義援金托鉢 於 王寺駅

奈良浄青では東日本大震災以来、毎月駅前に立って義援金托鉢をしています。

大震災の悲しみを忘れることはありませんが、大震災のニュースが減り、話題に上らなくなり、徐々に記憶から薄れていくのを防ぐため、継続的に駅前で義援金托鉢をしています。大震災の記憶を自他共に風化させないため、一年を通してのべ42日、のべ404名の青年僧が参加しました。

9月以降は台風と水害による被災地への義援金托鉢も併せて実施しています。

2月は14日と15日に王寺駅前で托鉢しました。ご寄付頂いた義援金は日本赤十字ならびに浄土宗を通じて、東北地方ならびに奈良県台風被災村へお贈り致します。

ご協力誠に有り難うございました!