全国浄青 第12回全国大会 於 宮城

 8月31日に宮城県仙台市・江陽グランドホテルにて第12回全国浄土宗青年会全国大会が行われました。約400名の青年会の会員が参加し、研修会を行いました。奈良教区からは6が参加しました。
 各地に爪痕を残しました台風10号、前日まで危ぶまれましたが大会当日の仙台は台風一過の青空が広がりました。大会では【東日本大震災からの復興~希望と共に~】をテーマに掲げ、三つの講義が行われました。東日本大震災からの復興に深く関わったお三方から、それぞれに違った角度から震災を振りかえった内容をご講義頂きました。

H28 全国浄青 宮城 (3)

H28 全国浄青 宮城 (2)

H28 全国浄青 宮城

 仙台市内を中心に葬儀会社を展開される清月期社長・菅原祐典氏からは葬儀業を営む私達の使命感という点から講義を頂きました。寺社の会館も被害を受けつつも震災発生時からの棺の輸送、犠牲になられた方の納棺業務を中心に現場の指揮にあたった経験、仮埋葬そしてその後の掘り起こし火葬の業務の中での経験などの内容でありました。葬儀の形が変わりつつある昨今どのような意識で人生の集大成をともいえる葬儀のお手伝いをできるのか、故人の尊厳を護るためにプロ意識をもって行動をする菅原氏の内容を受けて、僧侶という立場で葬儀に挑めているかを問い直す機会を頂きました。
 星野仙一氏の講義では野球が好きで好きでたまらない少年時代から燃える男といわれた選手時代、そして監督時代。東北楽天イーグルスの監督として震災を振り返り、時間を見つけてはボランティア活動にあたるイーグルスの選手を見守り、その中で監督として楽天イーグルスをリーグ優勝、日本一に導かれた話など興味ある話をいただきました。人生の中で辛いとき、おおきな決断をする場面では自分を遠くから第三者の視点で見つめてきた。その中で多くの方に支えられてきた人生であったと優しい眼差しで語られる姿に感銘をうけました。
 今年でデビュー15年を迎えられたPaix2(ぺぺ)のお二人(北尾真奈美氏・井勝めぐみ氏)によるトーク&コンサートを頂きました。プリズンコンサートという全国各地の刑務所でのコンサートをされてきた経験、そして被災地での慰問コンサートの経験、歌詞に込められたメッセージを歌をはさみながらお伝えいただき、手話も教えていただきながらその手話を使い会場全体で歌に参加させていただきました。幸せは身近なところにある、それに気づく事が大切ですという「生かされている」という事、そして共に生きる「共生」という言葉との出会いをしたことなど唄をとおして会員それぞれの心に伝えていただきました。
 次の日は、会員4名で日本三景の一つ松島に行きました。伊達政宗の愛した島々、瑞巌寺、円通寺を観光しました。そして松島での震災当時の状況などの写真パネルを多くの場所で見ることができました。