近ブロ浄青親睦交流会 於 瓦道

12月10日、時期にしては暖かな陽気の中、近畿ブロック浄土宗青年会の親睦交流会が行われました。今回は奈良教区が企画担当ということで、近畿一円の青年会の皆さまをお迎えいたしました。80名近いご参加をいただき、共にひと時の楽しい時間を過ごしました。奈良教区の会員は25名が参加しました。

奈良市内にある瓦工房「瓦道」さんを訪問しました。大寺院や城郭の瓦も手掛けておられる古くからの瓦工房で、鬼瓦や鯱など多数の型が保管されていました。瓦の主な役割は防炎であったなど興味深いお話もお聞かせいただきました。
201510 (1)201510 (2)
最近では瓦の素材を用いた雑貨や小物、また一枚起請文や般若心経が彫られた瓦も作っておられるそうです。
201510 (3)
ミニ鬼瓦作りを体験させていただきました。こぶし大の粘土を雌型に押し込みます。その後、裏側に願文などを自由に彫ることができます。童心に還って土とのふれあいを楽しみました。
201510 (4)201510 (5)
引き続き、仏師・仏像修復の専門家であり浄土宗僧侶でもある吉水快聞師をお招きし、阿弥陀仏像の変遷と仏像の保存修復についてご講演をいただきました。仏像の基本的な造り方をはじめ、歴史的文化的な影響を受けながら、どのように表現方法が変わっていったのかを詳しくお聞かせいただき、知ったつもりでいた箇所を随分と補っていただきました。また修復に関しても実例を交えながら、修復の際に仏師さんが抱える苦悩もお話しいただきました。私たちが守らねばならないものの大きさに改めて気がつかされました。
201510 (6)201510 (7)
日も落ち、場所を奈良ロイヤルホテルの一室に移して懇親会を設けました。谷口近ブロ浄青理事長のご挨拶に始まり、他教区の皆さまとのますますの親睦をはかりました。
201510 (8)201510 (9)