【涅槃の日】InterFaith(宗教間)駅伝に出場

お釈迦さまの命日、2月15日の「涅槃の日」に開催された京都マラソンに合わせて「InterFaith(宗教間)駅伝 〜平和を願う祈りの駅伝〜」が行われ、奈良浄青から私、桂 浄薫(奈良県天理市 浄土宗 善福寺 副住職)が出場したのでご報告します。

まずは「InterFaith(宗教間)駅伝」について

「InterFaith(宗教間)駅伝」とは、異なる宗教者(例:仏教・神道・キリスト教・イスラム教等)で4人1チームをつくり、世界平和を願うタスキをつなぎながらゴールを目指す駅伝です。

ドイツのカトリック教徒が中心となり、「Marathon for a United World(一つの世界を目指すマラソン)」をスローガンに「ルクセンブルグ ING ナイトマラソン」を中心に開催されています。

「InterFaith」は日本語では諸宗教間交流と表現され、InterFaith駅伝をきっかけに宗教の枠を超えて、ともに世界平和を願うことを目的としています。

全日本仏教青年会の理事、東海林良昌上人(宮城県塩竈市 浄土宗 雲上寺 副住職)から依頼があり、貴重な機会ですので出場させていただくことに。浄土宗から私を含めて5名が出場し、走るのが得意な方もそうでない方も無事に完走することができました。

大会の趣旨にある通り、宗派ばかりでなく宗教を超えてキリスト教やイスラム教などの異なる宗教者と交流し、お互いを理解することで、世界のさまざまな問題に対して宗教者が果たすべき役割について考えました。世界平和に貢献するほどのことはできなかったかもしれませんが、現在世界で宗教を取り巻く戦争や紛争が絶えない中、まずは身近なところから交流・対話を深める機会として、はじめの一歩になったと考えています。

ちなみに、出場前には意気込みをインターネット寺院「彼岸寺」でレポートしたのでご覧ください。
【2/15】今こそ宗教を超えて手を結ぶとき。平和のタスキをつなぐInterFaith駅伝に出場

京都マラソン2015

私はFチームの第一区ランナーとして、スタートの西京極スタジアムから嵐山を抜けて仁和寺まで10.85kmを走り、第二区の日蓮宗のランナーにタスキをつなぎました。時折り小雨も降るものの概ね天候に恵まれ、沿道のあたたかい声援を受けながら楽しく元気に走ることができました。チームも無事にゴールし、InterFaith駅伝出場の全10チームが見事にタスキをつないで完走しました。

宗教や宗派を超えての交流、また外国の宗教者との触れ合い、さらには京都市長はじめ諸団体の役職者との対面やマスコミからの取材など、普段なかなか経験できないことが多くあり、社会的にも個人的にも大変有意義なものでした。そして、このInterFaith駅伝を通して一般ランナーや沿道の方などに少しでも平和のメッセージを届けることができたとすれば幸いです。

奈良浄青や他教区浄青の皆さん、他の宗派・宗教の皆さん、ぜひご縁があればInterFaith駅伝への出場をオススメします。10kmなら、走りに自信のない方でも充分に制限時間内に走れますよ。多くの方にこのような貴重な機会を得ていただきたいと思いますし、その経験を日常に持ち帰って、平和を願う気持ちや信仰生活に活かしていただければと願っています。

来年以降もぜひInterFaith駅伝にご注目ください! 合掌

IMG_9661

IMG_9665

IMG_9668

IMG_9674

IMG_9686

IMG_9690

IMG_9691

IMG_9692

IMG_9716

IMG_9723

IMG_9730

SRGB0080

SRGB0126

IMG_9733