大和布教研修道場 実演研修会 於 屏風 浄土寺 仏名会(2014年12月)

12月20日、大和布教研修道場の第3回実演研修会が開催されました。浄青会員も多数出席(出席14名中、浄青会員は9名)しましたので、ご報告致します。

今回は磯城郡屏風の浄土寺での仏名会に参加し、仏名会にお参りの檀家さんらを前に下記3名(浄青会員は2名)が布教実演をしました。仏名会ということで3名とも「罪」「懺悔」をテーマとするお話となり、聴衆は需要なポイントを繰り返し聴くことができて理解が深まった様子でした。

  1. 山中 浩悦 師
  2. 中村 法秀 師
  3. 栄久庵 浩司 師

私たちはなかなか自分事として「罪」を意識することができず、そのため心からの「懺悔」に至りません。「懺悔なくして宗教なし」と言われるほど重要な懺悔の気持ち、それを少しでも聴衆に意識してもらうことができたのではないでしょうか。また同時に私たち布教師にとっても自らに言い聞かせ、見つめ直すこととなりました。

私たちは一刻たりとも罪を作らずには生きていけません。だからこそ「随犯随懴」(ずいぼんずいさん)の態度、つまり罪を犯す度に懴悔を繰り返し、お念仏を続ける必要があります。一年を振り返り、自らの罪を反省し、お念仏で少しでも心を清らかにして新年を迎えたいと思います。

IMG_8859

IMG_8863

IMG_8865

IMG_8869