兵庫浄青 第2回研修会 於 神戸

9月16日、神戸市の兵庫県民会館にて兵庫教区浄土宗青年会の第2回研修会が開催されました。奈良浄青会員も若干1名出席しましたので、ご報告致します。

京都教区の大澤亮我上人を講師に迎え、「日常勤行式を通じてお念仏を受け止める」と題して講義を拝聴しました。何百回・何千回と勤める日常勤行式ですが、どれほどの理解と気持ちをもって勤めているかというと甚だ疑問です。そこで大澤上人の深い知見を得ることによって、普段のお勤めをさらに一歩踏み込んで受け止め、より一層丁寧に勤めることを目的とした研修会でした。

日常勤行式の歴史的成り立ち、それぞれの偈文の意味と背景など、大澤上人は休憩なしで3時間みっちりとご伝授くださいました。この学びをまさに日常のお勤めに活かし、檀家さんにお念仏の有り難さを伝えていきたいと思います。

IMG_7503