大和布教研修道場 第5回特別研修会

2月24日、大和布教研修道場の第3回実演研修会が開催されました。浄青会員も多数出席しましたので、ご報告致します。

大阪教区の安達先生を講師にお迎えして「一枚起請文と尼入道」というテーマでご講義して頂きました。浄土宗にとって何物にも代えがたい法然上人ご遺訓の一枚起請文を、学術的立場から成立や内容を考察し、さらに論争となることの多い「尼入道」表現について解説して頂きました。特に尼入道については、安達先生が近年発表された論文から「95%は尼入道論争は決着した」という自信をもっておられました。断定はできないものの、ほぼ「尼」と「入道」に別けて使われることが多く、女性だけでなく男性と女性の両方を指すということを、力説してくださいました。

やはり誰もが関心あるテーマだったようで、質疑応答も非常に活発なものとなりました。今年度の大和布教研修道場の特別研修会は今回で最後です。来年度も年5回の特別研修会(講師を招いての講義)を予定していますので、どうぞ奮ってご参加ください。

IMG_4670

変形一枚起請文