全国浄青 第39回総合研修会 於 増上寺

平成26年1月29日・30日の二日間にわたり、大本山増上寺において全国浄土宗青年会 第39回総合研修会が行われました。全国から約250名の青年僧が参加、29日の研修会では一般の方・壇信徒の参加もあり300名を超える方々が集まっての研修会となりました。奈良浄青からは5名の会員が参加しました。

研修内容は以下の通りです。

  1. 大事の「今」が生涯の「今」 / 老人ホーム「同和園」付属診療所所長 中村仁一 氏
  2. 『縁しの手帖』を通して考えるいのちの引き継ぎ / 浄土宗総合研究所主任研究員 戸松義晴 師
  3. 寺院備災ガイドブックをどう活かすか? / 寺院備災ガイドブック制作委員 自覚大道 師
  4. 佛眼相看の視点 / 大正大学仏教学部特任専任講師 柴田泰山 師

研修3の自覚大道師の研修では、研修で配布された『寺院備災ガイドブック』を通して、災害に対しての寺院の備え、また災害にどう対応できるのかなど細かく書かれた本書の内容を説明していただきました。突然の災害に備えて、防災を通して寺院と地域との関わりを日頃からもつことの大切さを教わりました。本書を奈良に持ち帰り、お寺で壇信徒と共に防災意識を高める、そんな活動ができたらと思いました。

いずれの研修も「願共諸衆生 ~ともに励み ともに歩む~」という第22期全国浄土宗青年会のテーマにそって、いろいろな角度からお話しを聴くことができました。今ここにある私の存在・私個人の営みは、私以外の存在とどのような関係性があるのか。自分と他者との関わり合いや、互いの命の関わり合いを考える大変有意義な研修会でした。

tower

otsutome

kensyuu

bousai

※ 写真は全国浄土宗青年会Facebookページから拝借しました。
https://www.facebook.com/22zenjo.teraimaru