近畿地区檀信徒大会 於 かしはら万葉ホール

10月29日、かしはら万葉ホールにて近畿地区檀信徒大会が開催されました。奈良浄青会員も多数出席しましたので、ご報告致します。

総本山知恩院門跡 伊藤唯眞猊下のご出席を仰ぎ、会場を満員にする800名もの参加者の中で盛大に勤められました。開会式では全員起立して宗歌「月影」を斉唱し、響きわたる大きな声は感動的でした。美しい詠唱の響きの中、猊下を御導師として法要を勤め、その後猊下から御垂示を頂戴しました。法要中のお念仏では参加者一人ひとりに配布されたミニ木魚を打ちながら一緒にお称えし、会場が一つになる思いがしました。

また、歌は湯浅契 先生、ピアノは北村有縁 先生による「むつみあう 心の声に」として仏教聖歌が演奏されました。

最後に、京都大学大学院教授 カール・ベッカー先生による「智慧の道 今生をいかに生きるか」という講演を拝聴し、日本の伝統の中にお念仏信仰が根付いており、それは現代科学でも証明されうるものであるとご教授くださいました。

12時から16時までの長時間でしたが、バラエティに富む内容で時間を忘れて参加できました。

IMG_2713

IMG_2716

IMG_2721

IMG_2726

IMG_2735

IMG_2747