全日本仏教青年会 全国大会 於 真宗大谷派難波別院

5月7日、全日本仏教青年会の全国大会が大阪難波の真宗大谷派難波別院 南御堂にて開催されました。

『シンポジウム 東日本大震災から考える 地域の再生・多様性』という題で、釈徹宗氏をコーディネーターに迎えて玄侑宗久氏と中沢新一氏をパネリストとする討論会がありました。宗派を超えて300名以上の来場者の中、奈良浄青からは7名が参加しました。

釈氏の的確なコーディネートにより、地域のあり方、コミュニティのあり方、特に大阪という地域性の中で、玄侑氏・中沢氏それぞれの意見を拝聴しました。歴史からの視点、世界からの視点、そして宗教からの視点を通して二人の世界観あふれる講演でした。経済成熟期の現代における仏教と経済のあり方、そしてこれからの20代を中心とした若い世代に向けて「仏教」を解き放つ必要があるのではないかとの意見など、非常に面白い内容でありました。

※本日は出演者の写真撮影は禁止されていましたので、チラシを掲載しておきます。

20130507

IMG_1601

IMG_1602

IMG_1603

IMG_1605