念佛ラリー 第九日 於 善福寺

念佛ラリー九日目の2月26日は、大和郡山市小泉町の善福寺にて27名がお念仏を称えました。

今日も沢山の檀信徒の方とご一緒にお念仏出来ました。お念仏の悦びを私たちだけで独り占めしてしまうのではなく、檀信徒の皆さまと分かち合えることが、より一層大きな悦びとなっています。檀信徒の皆さまの姿に私たちも大いに刺激を受け、励まされています。

ただひたすらにお念仏を称える念佛ラリーですが、いわゆるランナーズ・ハイのような状態を求めている訳ではありません。薄暗い密室に閉じこもり、割れんばかりに木魚を叩き、絶叫に近い大声を出し、酸欠状態で幻覚のようなものを見る。その為に10時間お念仏を続けているのではありません。それは法然上人が一枚起請文で明確に否定されている「観念の念仏」です。観念の念仏とは、阿弥陀さまや極楽浄土の姿を在り在りと目に出来るようになるまで精神を集中する修行です。

私たちはただ往生極楽を願い、幻覚や幻想ではなく、確固たる信仰としてのお念仏を称えるのです。その為に繰り返し繰り返し、毎日毎日、命尽きるその日までお念仏を相続するのです。念佛ラリーが終わっても、お念仏生活は続きます。

泣いても笑っても残り1日となりましたが、まだまだ念佛ラリーは続きます。乞うご期待下さい!

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC